個人投資家の皆様へ

個人株主?投資家の皆様に豊田通商をより深くご理解いただけるよう、當社の戦略、業績、配當方針についてわかりやすくご紹介します。

豊田通商グループのサステナビリティ重要課題と重點分野(戦略)

豊田通商グループは當社グループにしかできない価値を提供し、ステークホルダーの皆様、そして社會にとってかけがえのない存在となるべく、社會課題に向き合い、解決していくことで持続的な成長を目指し、6つのサステナビリティ重要課題を設定しています。6つの重要課題には、會社の成長を支える土臺となる2つの最重要課題に加え、社會課題の解決と會社の成長を両立する4つの最重要課題から形成され、この4つの最重要課題解決に対し豊田通商の重點分野(戦略)を合致させることで、社會解決とともに當社の持続的な成長を目指しています。

豊田通商グループのサステナビリティ重要課題(マテリアリティ)

  1. 1.ネクストモビリティ戦略
  2. 2.再生可能エネルギー戦略
  3. 3.循環型靜脈事業戦略
  4. 4.アフリカ戦略

1.ネクストモビリティ戦略

ネクストモビリティの事業領域においては、自動車環境の変化にスピード感をもって対応し、自動車のライフサイクルに合わせ、次世代の“クルマ”、次世代サービス、エネルギーマネジメントの各分野において、新たな変化への対応を行っています。トヨタグループの先鞭役として、モビリティに強みを持つ商社として安全で快適なモビリティ社會への貢獻を目指しています。

2.再生可能エネルギー戦略

國內最大の風力発電業者(株)ユーラスエナジーホールディングス(持株比率60%)に加え、地熱?小水力?バイオマスなど電源メニューの拡大、アフリカ?中東など地域の拡大、蓄電?送電?小売など機能の拡大にも取り組み、日本國內再生可能エネルギー事業No.1の企業グループとして低炭素社會移行への貢獻を目指しています。

3.循環型靜脈事業戦略

靜脈ビジネスとは使用された製品を回収し、再利用する流れで、再度動脈に循環させるビジネスを指します。豊田通商グループは自動車以外のビジネスも含め、廃棄物の総合リサイクル會社として、限りある天然資源を再利用?リサイクルすることで、最適な資源循環の仕組みづくりと廃棄物の削減に取り組んでいます。

4.アフリカ戦略

自動車事業においては、現在ではアフリカ全54カ國へのネットワークを有し、また自動車事業以外では醫薬品、日用品販売や電力?インフラ開発等、総勢約22,000名の従業員で多彩なビジネスを展開しています。“WITH AFRICA FOR AFRICA”の精神で地域社會の発展を目指すとともに、事業基盤のさらなる強化と拡大を目指しています。

當社グループ業績(2020年3月期)

売上総利益は、主にアフリカ本部における自動車販売の増加等により前期比14億円増加の6,398億円、営業活動に係る利益は、売上総利益の増加の一方で一般管理費の増加や需要?取扱い減少等により48億円減少の2,103億円となりました。親會社の所有者に帰屬する當期利益については、営業活動に係る利益の減少及び持分法投資損益の悪化の一方で、法人所得稅費用の減少等により、29億円増加の1,355億円となりました。
2021年3月期においては年間の親會社に帰屬する當期利益計畫を800億円としています。
従來より推し進めてきたコロナ影響の少ない再生可能エネルギー事業、化學品事業、食料事業等の収益を下支えに、今後の自動車生産?販売の回復等により、計畫達成を目指しています。

配當方針

當社の配當方針については、連結配當性向25%以上を基本方針とし、安定的な配當の継続並びに1株當たりの配當の増額に努めていくこととしております。
2020年3月期の期末配當金については、1株につき50円、中間配當金(1株につき60円)と合わせ、年間では110円(前期比10円増)となりました。
2021年3月期の配當金については、通期の當期利益(親會社の所有者に帰屬)が現狀の見通しである800億円となった場合には、1株當たり110円(中間配當金50円、期末配當金60円)となる見込みです。